HASSELBLAD ハッセルブラッド デジタルバック CFV 元箱 + 付属品一式 + 4GBカード

cfv160527

649,000円(税込)

★HASSELBLAD ハッセルブラッド デジタルバック CFV 元箱 + 付属品一式

4GBカード付属


ご覧いただきましてありがとうございます。


HASSELBLAD ハッセルブラッド デジタルバック CFV 元箱 + 付属品一式

4GBカード付属


現在は3000万画素を超えるモデルも出ていますが、大型モニターや、現像処理には高性能のPCが必要となりますので、1600万画素の当モデルは使いやすくて良いと思います。

36.7mmX36.7mmのセンサーサイズです。焦点距離の換算値1.5です(例、ディスタゴン50mmの場合、75mmレンズ相当の画角となります)。

500C/Mや503CWなどの500シリーズ、超広角レンズを備えたSWC、201F/203FE/205TCC/205FCCなどの200シリーズ(F/FEレンズ、フォーカルプレーンシャッターも使用可)など、ほぼ全てのハッセルブラッドで使用可能(202FAを除く)ですので、フィルム世代のハッセルブラッドをお好きな方にはお勧めです。1000Fで使えるようにした方もいるそうです(シンクロ接点から信号を受け取り、デジタルバックを起動するという形式)。

・500シリーズ:
Cレンズ使用時はレンズシャッターのシンクロ接点経由でケーブル接続します。

・SWC:
基本的に500シリーズと同じですが、バッテリーを取り付けるためにアダプタ(付属します)を使用します。

・200シリーズ:
レンズシャッター(C/CF/CB/CFEなど)での使用
シンクロ接点経由でケーブル接続します。

・F/FEレンズの使用
ボディの改造(後述)が必要ですが、シンクロケーブル無しで動作するようになりますし、AEが動作しますので普段と同じ感覚で使用できます。もちろん、フォーカルプレーンシャッターで1/2000秒まで使えます。他のデジタル中判カメラ(最速で1/700秒前後)よりも一段半絞りを開くことが可能です。ポートレートを撮る方などには魅力的だと思います。

・200シリーズのボディ改造について
通常はEマガジンの電子接点を介して、フィルムISO値設定情報がAE測光システムに伝わるのですが、ボディの改造を行うことで、デジタルバックとの情報伝達(デジタルバックの起動、待機、撮像タイミングなどをやり取りします)を行うようになります。


全体的にきれいですが、背面操作部のボタンに使用感ありです(画像・動画参照。)

受光素子はまったくスレやキズなどなく、とても大切に使用されていたようです。


現商品の写真をできるだけ載せましたので、どうぞご覧くださいませ。


ご不明な点はお気軽にご質問ください。



カテゴリーから探す