LEICA Leitz ライカ バルナック C型 1931年 ドイツ製

312739

71,296円(税込)

整備なし整備料金、税込43200円+整備依頼手数料5000円整備+延長保証(1年)、上記整備料金+延長保証5000円
整備後のお渡しをご希望の場合、お選びください。


ライツ最初のLマウントボディ。A型のレンズを外したもの

★LEICA Leitz ライカ バルナック C型 1931年製

外観・内部ともに良品 機構動作も良好、ボディキャップ付属


ご覧いただきましてありがとうございます。


LEICA Leitz ライカ バルナック C型 1931年製です。


Ernst Leitz Wetzlar GMBH #312739で、

シリアル・外観から判断すると1931年製造のC型です。


C型はアメリカでの商品名となります。

A型をほぼそのままレンズ交換式にした形のモデルです。

ライカ・スクリューマウント(Lマウント)規格がこのモデルから始まった記念すべきモデルと言えます。


C型の初期はカメラごとにフランジバック(フィルム面からレンズマウントまでの距離)が異なっており、

カメラとレンズをセットで調整・販売してました。

その後フランジバックをを28.8mmに統一して、どの個体のレンズも交換可能になりました。

フランジバック統一後のボディには、ボディーマウント12時に0が刻印されています。


本個体も0の刻印が確認できますので、ご安心してどのレンズでも装着して撮影していただけます。


ぜひこの機会にご入手下さい。


※写真のレンズは装着例です。本出品にレンズは含まれません。


常時防湿庫保管いたしております。


非常に大事にされていたらしく、外観・機関状態ともに良好です。


写真でご覧のように使用感も少なく、

大きなアタリ・キズ、落下痕などはありません。


ビューファインダー(画角窓)もカビ・汚れなく、すっきり見えます。


他状態は以下↓

ガタ・ネジつぶれありません。

グッタペルカに若干の浮き。剥がれありません。

ファインダーバルサム浮きありません。


各操作部、ツマミ、大きなガタや狂いありません。

シャッタースピードおおむね安定して正確です。


シャッター幕に汚れ・破れありません。

内部にサビ・汚れ・カビ・カビ臭ありません。


現商品の写真をできるだけ載せましたので、どうぞご覧くださいませ。


ご不明な点はお気軽にご質問ください。


※現状のままでも十分撮影に使える機材ですが、

末永くお使いになるために分解調整・OHなどの整備後にお渡しをご希望の場合は、オプションよりお選びください。

整備代金として税込43,200円と、整備業者様への往復送料を含めた整備依頼手数料として5,000円を頂いております。

またお渡しまで3週間ほどのお時間を頂きますが、ご了承くださいませ。




整備後のお渡しをご希望の場合、お選びください。
整備なし整備料金、税込43200円+整備依頼手数料5000円整備+延長保証(1年)、上記整備料金+延長保証5000円

カテゴリーから探す