LEICA ライカ M2 セルフタイマー無し 1959年 ドイツ製

970492

152,999円(税込)

整備なし整備料金、税込43200円+整備依頼手数料5000円整備+延長保証(1年)、上記整備料金+延長保証5000円
整備後のお届け


Leicaの隠れた歴史の銘機

★LEICA ライカ M2 セルフタイマー無し 1959年 ドイツ製

外観・光学・動作ともに良上品。Bキャップ付属

ご覧いただきましてありがとうございます。

LEICA ライカ M2 後期 セルフタイマー無しです。

Ernst Leitz Wetzlar GMBH #970492で、1959年製造のドイツ製です。

広角レンズ指向の写真家たちに大好評を得たM型ライカの2代目モデルになります。

すべてのカメラメーカーを震撼させたというライカM3の好評を背景に、当時のエルンスト・ライツ社が

より実用的なカメラとして開発しました。

複雑すぎたM3のファインダーを簡素化し、新設計して、使い易さの向上を図りました。

M2のファインダー倍率は0.75倍と低く抑えられた結果、35mmレンズの撮影フレーム表示を可能にしました。

M3の廉価版といったような位置付けですが、ズミクロン35mmなどの広角を愛用する初期M型のファンには定番となっているモデルです。

木村伊兵衛も愛用したというM2、良品をお探しでした方は、この機会にお求めくださいませ。

※写真のレンズは装着例です。本出品にレンズは含まれません。

常時防湿庫保管しています。

使用感・経年感はやや見えるものの、大きな瑕疵はない良品と言って問題ないM2です。全体状態は非常に良好です。

ファインダーもクモリやカビ・汚れなく、ブライトフレームも、スッキリ見えます。フレームの欠けはありません。
フロント側から見える幅0.5mmほどのバルサムありますが、接眼部からはもちろん見えません。視野に見える瑕疵はありません。曇り・ごみの混入など見えません。
二重像も縦ズレなくコントラスト強く見えております。

ピント合わせ、構図決定に障害は皆無です。

巻き上げレバーもガタや緩みなく、とても滑らかに感触良く操作できます。

シャッタースピードも1秒〜1/1000秒正確に刻んでいます。目視で完調です。

シャッター幕に汚れ・破れありません。内部にサビ・汚れ・カビ・カビ臭ありません。

現商品の写真をできるだけ載せましたので客観的にご確認くださいませ。

ご不明な点はお気軽にご質問ください。

※現状のままでも十分撮影に使える機材ですが、末永くお使いになるために分解調整・OHなどの整備後にお渡しをご希望の場合は、オプションよりお選びください。

整備代金として税込43,200円と、整備業者様への往復送料を含めた整備依頼手数料として5,000円を頂いております。

またお渡しまで3週間ほどのお時間を頂きますが、ご了承くださいませ。




整備後のお届け
整備なし整備料金、税込43200円+整備依頼手数料5000円整備+延長保証(1年)、上記整備料金+延長保証5000円

カテゴリーから探す