LEICAFLEX ライカフレックス 1st 初代 シルバー(ハヤタ・カメララボOH済)

1083351

59,800円(税込)

整備なし整備料金、税込27000円+整備依頼手数料5000円
整備後のお渡しをご希望の場合、お選びください。


ライツ社製初の一眼レフカメラボディ

★LEICAFLEX ライカフレックス 1st 初代 シルバー

外観・動作ともに良美品。ハヤタ・カメララボOH済、純正革ケース、ボディキャップ付属

ご覧いただきましてありがとうございます。

1965年発売の初代ライカフレックスです。

当時、一眼レフカメラといえば、すでに国産機が隆盛を極めていた時期になります。

ライカM3 をはじめとしたレンジファインダー機で一世を風靡したライカですが、一眼レフカメラの開発では大きく後れを取っていたんですね。

満を持して発売されたLこのEICAFLEXも、当時すでにTTL露出計(レンズを通した光を測光する方式)搭載の国産機が出ていたにもかかわらず、外部測光方式となっています。

また、ファインダーもマクロプリズムで、中央部でしかピントが合わせられません。レンジファインダーであればフツーのこの仕様も、一眼レフではだいぶ時代遅れとみなされてしまったようです。

上記の理由などなどから、当時の市場ではあまり高い評価を得られなかったようです。

しかし現代においては、そのM3、M4並の作りの良さと、ライカならではのフォルムの美しさから、だいぶ存在価値が見直されているモデルとなっています。

状態の良い個体が市場に少ないことからも、希少価値を高めていますが、状態の良いM型ボディと比べるとはるかにリーズナブルなこのライカ製初期の一眼レフカメラボディの魅力を、ぜひ味わってくださいませ。

使用できるレンズのカムタイプは、1カム、3カム以降のレンズが使用できます。

M型ボディの質感とまったく同じ、たいへん美しく手触りの良いシルバークローム仕上げボディです。

良状態の個体をお探しでした方は、この機会にぜひご入手ください。

※写真のレンズは装着例です。本出品にレンズは含まれません。

常時防湿庫にて保管いたしております。

全体的コンディションは経年感・使用感はとても少ない良美品です。

大事にされていたらしく、状態は非常に良好です。

ファインダーもクモリやカビ・汚れなく、クッキリ見えます。ピント合わせ、構図決定に障害は皆無です。

ファインダ内のシャッタースピードや露出表示も店主の目測では正確です。

巻き上げレバーも型や緩みなく、感触良く操作できます。

電池は付属致しません。

現商品の写真をできるだけ載せましたので、客観的にもご確認くださいませ。

ご不明な点はお気軽にご質問ください。

※現状のままでも十分撮影に使える機材ですが、末永くお使いになるために分解調整・OHなどの整備後にお渡しをご希望の場合は、オプションよりお選びください。

整備代金として税込43,200円と、整備業者様への往復送料を含めた整備依頼手数料として5,000円を頂いております。

またお渡しまで4〜5週間ほどのお時間を頂きますが、ご了承くださいませ。




整備後のお渡しをご希望の場合、お選びください。
整備なし整備料金、税込27000円+整備依頼手数料5000円

カテゴリーから探す