LEICA ライカ M Monochrom モノクローム デジタル ブラック 初代CCD(ライカカメラジャパンCCD交換/各部点検済)

4350182

458,000円(税込)

購入数


モノクロ派“やみつき”の異色レンジファインダー機

★LEICA ライカ M Monochrom モノクローム デジタル ブラック 初代CCD

良美品。新型CCD交換済み。予備バッテリー、チャージャー・ケーブル付属

ご覧いただきましてありがとうございます。

LEICA ライカ M Monochrom モノクローム デジタル ブラック 初代CCDセンサーモデルです。

動画、画像で紹介している付属品が付属します。
前オーナー所有時にライカカメラジャパンによるCCD交換/各部点検済の個体です。(整備票などは付属しておりません。)

「LEICA ライカ M Monochrom モノクローム デジタル」は硬派でクールすぎる、モノクロ専用デジタルカメラです。

2015年5月にライブビュー機能のついた新モデル、Typ246が発売されましたが、246はライブビュー機能付きのCMOSセンサーに変更されたため、このCCD搭載の初代期とは微妙に写りが違います。
ライブビュー機能がなくてもモノクロ専用CCD機を使う価値は十二分にあります。

店主も246を手に入れたため一度手放したのですが、やはりCCDの写りが良く、また買い戻してしまったほどオススメするカメラです。

液晶モニター部にはM9-Pと同様、サファイアガラスを採用しています。
M9、M9-Pのブラックは、塗装したブラックペイントなのに対し、Mモノクロームはブラックにメッキしたブラッククロームです。
本機の最大の特徴といえば、当然モノクロ専用機であるということです。そのために撮像素子もモノクロ専用を開発しています。
撮像素子はもちろん35mmフルサイズの1,800万画素。大きさと画素数はライカM9/M9-Pと同じですが、モノクロ専用の新設計です。
カラーフィルターは搭載されておらず、もちろんM9/M9-Pと同様に、ローパスフィルターは搭載されていません。
カラー、ロパースフィルターを排除することで驚異的な解像度と実行感度を実現しています。初めてライカのMモノクロームで撮影した方は、きっと驚かれることでしょう。

ライカ伝統のレンジファインダー、しかもモノクロ専用という、35mmフルサイズ機の中では個性派ナンバーワン。
デジタルでモノクロ写真をやっている、あるいはやりたい人には、一度使うと病みつきになるほどの魅力(もしくは魔力)を持っているカメラです!
ぜひこの機会にご入手下さい。

※常時防湿庫保管いたしております。

全体的コンディションは大変良好です。

写真と動画の付属品一式をお付けします。

たいへん使用感のすくない美品です。(写真・動画参照)

外観を損なうスレキズやアタリヘコミはありません。

底蓋に「LEICA M9」のシールが貼ってあるので、ひょっとすると底蓋はM9のものが換装されているかもしれません。撮影や使用に問題はありませんが一応ご留意ください。

やや擦れて真鍮の下地が見えていますが、これもかっこいいですね。

ファインダーもクモリやカビ・汚れなく、ブライトフレームも、ひじょうに気持ちよくクッキリ見えます。

フレームの欠けや薄れなどはありません。二重像縦ズレありません。

内部動作はすべて安定して正確です。当社でも試写を行っております。

一連の撮影、撮影後の画質に一切問題はありません。

現商品の写真をできるだけ載せましたのでどうぞご覧くださいませ。

ご不明な点はお気軽にご質問ください。




カテゴリーから探す