LEICA ライカ Summilux-M ズミルックス 50mm F1.4 ASPH 6bit ブラッククローム (現行モデル) + 元箱一式

4639322

459,800円(税込)

整備後のお渡しをご希望の場合、お選びください。
購入数


優れた質感再現と甘美なボケ感を堪能

LEICA ライカ Summilux-M ズミルックス 50mm F1.4 ASPH 6bit ブラッククローム

現行モデル 新品同様、元箱一式付属

ご覧いただきありがとうございます。

★LEICA ライカ Summilux-M ズミルックス 50mm F1.4 ASPH 6bit ブラッククロームです。

現行モデル、元箱一式付属。

1959年、ズミルックス 50mm F1.4は、ズマリットを改良した大口径標準レンズとして登場しました。
その後40年以上にわたって生産が続けられ、ズミクロンと並ぶ戦後のライカを代表する大口径標準レンズです。

ズミルックスの由来は、ラテン語のSumma「最高のもの」と、luxはドイツ語のLuxus「豪華」あるいはラテン語のLux「光」にちなんでつけられたようです。

最高に豪華なレンズ、あるいは最高に光を得るレンズ、いずれもズミルックスにぴったりの名前だと思います。

開放付近でも絞り込んでもシャープな画像を得られるのが特徴で、独特の表現をすると名高いレンズです。

本品は約43年間も基本的に同じ光学系を貫き通し、2004年に満を持して登場したのが現行ズミルックス M f1.4/50mm ASPHです。

数十年ぶりにモデルチェンジされただけあって、このレンズには数々のテクノロジーが惜しみなく投入されています。

非球面レンズの採用ともうひとつの光学的特長は、最後群の1群2枚をフローティング作動させることで、近距離撮影時の収差を大幅に低減させています。

描写はまさに「繊細」のひとこと。合焦部は驚くほどシャープでありながら、ボケ味はどこまでも優しく甘美。

ぜひ、この機会にご入手下さい。

※写真のカメラボディは装着例です。本出品にカメラは含まれません。

常時防湿庫にて保管いたしております。

写真をご覧のように、使用感・経年感はほぼまったくなしです。

内部にもチリホコリ見られず、拭き傷クモリカビはいっさい見当たりません。

撮影結果に影響する問題はもちろん皆無です。

絞りリングスムーズです。羽根の調子も良いです。ピントヘリコイドもグリス切れなく滑らかです。

現商品の動画・写真をできるだけ載せましたので、客観的にもご確認くださいませ。

ご不明な点はお気軽にご質問ください。

※現状のままでも十分撮影に使える機材ですが、末永くお使いになるために分解清掃・グリスアップなどの整備後にお渡しをご希望の場合は、オプションよりお選びください。

整備代金として税込27,000円と、整備業者様への往復送料を含めた整備依頼手数料として5,000円を頂いております。

またお渡しまで3週間ほどのお時間を頂きますが、ご了承くださいませ。




カテゴリーから探す