LEICA ライカ M1 シルバークローム 1959年製 Rボタンモデル

956532

158,000円(税込)

整備後のお渡しをご希望の場合、お選びください。


Visoflexの使用を前提に設計されたレアMモデル

★LEICA ライカ M1 シルバークローム 1959年製 Rボタンモデル

外観・機構・光学ともに良美品、Bキャップ付属

ご覧いただきましてありがとうございます。

LEICA ライカ M1 シルバークローム 1959年製です。

#956532で、1959年製造のドイツ製です。

1956年から9392台製造されたライカM1です。

M2を原型に、ライカのレンジファインダーを一眼レフ化して撮影できる「Visoflex」の使用を前提に設計製造されたモデルです。

その為、レンジファインダーからは距離計が省かれていて、覗いても二重像は見えません。

省かれた距離計の正面の明かり取り用の窓があった位置に「M1」のロゴが刻印されています。

ブライトフレームは可変せず、50mmと35mmが常に表示されています。

もちろんVisoを使わなくても、目測でピント合わせすることで撮影可能です。

リバーススイッチがレバーではなくボタンのモデルはM2同様に希少で人気が高くなっております。

お探しでした方はこの機会にぜひご入手くださいませ。


※写真のレンズ、Visoは装着例です。本出品にレンズは含まれません。

常時防湿庫保管いたしております。

全体的コンディションはたいへん良好です。
外観は使用感・経年感も少なく、大変美品です。
目立つスレやあたりなどは見えません。(動画・写真参照)

ファインダーに曇りゴミなどなく、ひじょうに気持ちよくクッキリ見えます。
フレームの欠けはありません。バルサム浮きありません。構図決定などの視認性に問題はありません、

巻き上げレバーもガタや緩み・悪感触などなく、小気味良くシャキンシャキンと感触良く操作できます。

ガタ・ネジつぶれありません。各操作部、ツマミ、ガタや狂いありません。
革の欠けなし(画像・動画参照)。
シャッタースピード安定して正確です。シャッター幕に汚れ・破れありません。

内部にサビ・汚れ・カビ・カビ臭ありません。

現商品の画像・動画をできるだけ載せましたので、客観的にもご確認くださいませ。

ご不明な点はお気軽にご質問ください。

※現状のままでも十分撮影に使える機材ですが、末永くお使いになるために分解調整・OHなどの整備後にお渡しをご希望の場合は、オプションよりお選びください。

整備代金として税込43,200円と、整備業者様への往復送料を含めた整備依頼手数料として5,000円を頂いております。

また整備ありの場合、お渡しまで4週間ほどのお時間を頂きますが、ご了承くださいませ。




カテゴリーから探す