LEICA ライカ Summar ズマール 50mmF2 L クローム 1937年 ドイツ製(中村光学OH済)

351819

97,900円(税込)

RAYQUAL 国産L-M マウントアダプター(10%割引)


人気のオールド!ライツ社初めての大口径レンズ

★LEICA ライカ Summar ズマール 50mmF2 L クローム 1937年 ドイツ製

良美品。中村光学OH済(整備票付属)、前後キャップ付き

ご覧いただきましてありがとうございます。

LEICA ライカ Summar ズマール 50mmF2 L クローム 1938年 ドイツ製です。

#351819で、1937年製造のドイツ製です。

1933年〜40年に生産されたライカ初の解放値F2の明るいレンズです。比較的玉数の多いズマール50の中で、37万台・1937年頃製造のクローム仕様です。

最新レンズとは異なり、柔らかい描写が持ち味で条件次第で絵画調の渋い絵作りも出来ます。水彩画的な描写をすると言われています。

大口径ながらズミクロンなどに比べて小ぶりで扱いやすいレンズです。ガラス材が柔らかいため、現存するものはレンズ前面に沢山の拭きキズがついているものがほとんどです。

今回の個体も前玉にわずかに拭きスレ見えますが、オリジナルの画質には大きく影響していません。

80年以上前に製造されたスクリューマウント・レンズですが、L-Mアダプターを使用することにより、M型フィルムボディやM型デジカメ、ミラーレス一眼にも十分現役でご使用できます。

届いたその日から、コレクションとしてだけでなく実用いただける貴重なレンズです。

良状態の個体をお探しでした方は、この機会にぜひご入手下さい!

※写真のボディは装着例です。本出品にボディは含まれません。

常時防湿庫保管いたしております。

写真をご覧のように経年感・使用感はわずかにみえるものの、動作や品質に問題なく良品です。

この年代のガラスはとても柔らかくキズに弱いため、この個体も前玉に擦れ弱は見えるものの、ズマールとしては珍しいほどきれいと言えます。後玉ももちろんきれいで、中玉にくもりカビ・バルサム、ゴミチリもありません。(写真・動画参照)

あとは製造時の気泡がちらほら見えますが、こちらももちろん画質には影響しません。

撮影に影響する難はまったくありません。

六角の絞りも大変スムーズ・滑らかに開閉します。羽塗装の剥がれがわずかに見える程度です。(動画参照)

ピントヘリコイドもいっぱいまで軽く動作しています。動きムラや鳴き、グリス切れ・固着はありません。

現商品の動画・画像をできるだけ載せましたので、客観的にもご確認くださいませ。

ご不明な点はお気軽にご質問ください。

※M型ライカボディ、またはミラーレス一眼でのご使用もお考えのお客さまは、RAYQUAL(宮本製作所)製の国産L-Mマウントアダプター<<詳しくはこちら>>をオプションで10%割引価格にて同時ご購入いただけます。ぜひお求めくださいませ。




カテゴリーから探す