LEICA ライカ M3 DS 福耳ダブルストローク 中初期型 87万番台 1957年製 UCSオーバーホール済

873393

247,000円(税込)

購入数


カメラ史に輝くライカ最高傑作!1957年ドイツ製

★LEICA ライカ M3 DS 福耳ダブルストローク 中初期型 87万番台

外観・機関ともに良美品。UCSオーバーホール済、Bキャップ付属

ご覧いただきましてありがとうございます。

LEICA ライカ M3 中期型セルフ付 ダブルストローク、福耳アイレットです。

Ernst Leitz Wetzlar GMBH #873393で、1957年製造のドイツ製、製造から60年以上が経つ還暦を越えたライカです。

大変感触の良い、2回巻き(ダブルストローク)タイプです。ボディキャップ付属します。

◆M3とはMore rapid(より速く)、More convenient(より便利に)、More reliable(より確実に)の3つのMに由来するという説、距離計連動式カメラを意味するMと3種類のフレームを内蔵していることを意味するという説などがあります。

M型ライカの初代機であるM3はバルナック型ライカの欠点をあらゆる点において見事に解消したカメラで、現在でもM3を越えるカメラはないとも言われています。

M3の最大の特徴は、そのファインダーの視認性のよさにあります。

究極ともいえる完成度を誇り、以降のM型ではコストダウンのために簡略化されている部分でもあります。

明るいブライトフレーム(撮影範囲を示す枠線)はレンズ交換すると自動的に切り替わり、さらにパララックス補正も自動補正される精度の高いものです。

ファインダー倍率は0.91とM型ライカの中でも最も高く、肉眼で見たイメージに限りなく近い状態で構図を決定することができます。

ぜひこの機会にご入手下さい。

※写真のレンズは装着例です。本商品にレンズは含まれません。

常時防湿庫保管いたしております。全体的コンディションは良好です。

使用感・経年感は良上品。大きな擦れアタリ、傷はありません。(写真・動画で詳しく参照)

大事にされていた個体らしく、ファインダーも多少の汚れやプリズムの劣化の他はカビ・曇りなく、ブライトフレームの切り替わりも、しっかり見えます。
ピント2重像もコントラストくっきり、縦ズレなく、視野へ影響する瑕疵はまったくありません。(動画、整備票参照)

ピント合わせ、構図決定、露光のひと通りの撮影に障害は皆無です。

巻き上げレバーも軽く、滑りなく、気持ちよく問題なく操作できます。
ガタ・ネジつぶれありません。各操作部、ツマミ、ガタや狂いありません。

シャッタースピード低速1/1sから高速まで安定して正確です。1/1000もしっかり開いています。シャッター幕に汚れ・破れありません。

内部にサビ・汚れ・カビ・カビ臭ありません。

現商品の画像・動画をできるだけ掲載しておりますので、客観的にもご確認くださいませ。

ご不明な点はお気軽にご質問ください。




カテゴリーから探す