LEICA ライカ Super-Angulon スーパーアンギュロン 21mmF4 L 1st chrome

1676941

210,000円(税込)

整備後のお渡しをご希望の場合、お選びください。


美麗!ライカレンズ最高峰の希少な広角銘玉!伝説の初代モデル

★LEICA ライカ Super-Angulon スーパーアンギュロン 21mmF4 L 1st chrome

良美品、L-Mアダプター、前後キャップ付属

ご覧いただきありがとうございます。

レンズ LEICA Super Angulon 21mm F4

前後キャップ付きです。(今回はフード、ファインダーは付属しません)

1959年製(シリアル1676941より)

製造本数:5200本

レンズ構成:4群9枚最小絞り:f22

最短撮影距離:0.4m (M型距離計との連動は0.7-1.0mまでです。)

フィルター径:39mm

当時のライツは21mmの広角レンズを設計製造する技術はなかったため、同じドイツのレンズメーカーのシュナイダー社にOEMを依頼して製作したものです。

構成は4群9枚で、1951年にカールツァイスが開発したハッセルブラッド用超広角レンズ「ビオゴン」タイプに属します。

歪曲収差がほとんどなく全画面でシャープな画です。

後玉が大きく突き出ていることも特徴で、LEICA CL(フィルム)やM5では測光素子アームと干渉するため使用不可です。

バルナック型ボディ他、M3〜のM型ボディには付属のL-Mアダプター経由で問題なくご使用いただけます。

M10以前のM型デジタルボディとの組み合わせで撮影すると周辺に光量落ちorマゼンタかぶりが発生しますが、M10以降ではかなり改善されています。またあえてその効果を利用して幻想的な雰囲気に仕上げることもできます。


いちばん使いやすい使い方としては、動画のようにソニーのαシリーズなどのミラーレス一眼ボディにマウントアダプター経由でお使いいただき、ちょっと絞ってピントは目測でバシバシシャッターを切っていただくのが楽しいと思います。

(※ライカ、ソニーを含めデジタルボディへのご使用は、センサーには干渉しないことはわかっていますが、シャッター幕や他内部部品と絶対干渉しないことは保証ができませんので、自己責任でお願いいたします。。!)

ぜひ、この機会にご入手下さい。

※写真のカメラボディは装着例です。本商品にカメラは含まれません。

常時防湿庫にて保管いたしております。

写真をご覧のように、レンズは前後玉ともに非常にキレイです。

内部にもチリホコリほぼ見られず、スレ傷・クモリカビは見当たりません。

ライトに透かしても拭きスレ大きなホコリチリなど見えません。

コバ落ちやバルサム剥離もありません。

撮影結果に影響する問題は皆無です。

絞りリングもスムーズです。羽根の調子も良いです。

外観の使用感もなく、傷アタリなどは見当たりません。

現商品の画像・動画をできるだけ載せましたので、客観的にもご確認くださいませ。

ご不明な点はお気軽にご質問ください。

※現状のままでも十分撮影に使える機材ですが、末永く、より完全な状態でお使いになるために分解清掃・グリスアップなどの整備後にお渡しをご希望の場合は、オプションよりお選びください。

整備代金として税込27,000円と、整備業者様への往復送料を含めた整備依頼手数料として5,000円を頂いております。

また整備ありの場合はお渡しまで4・5週間ほどのお時間を頂きますので、予めご了承くださいませ。




カテゴリーから探す