LEICA ライカ IIIg 3g 1957年

74,580円(税込)

憧れのバルナック最高峰モデル!

★LEICA ライカ IIIg 3g 1957年

極上完動品!おまけ純正革ケース付き♪


ご覧いただきましてありがとうございます。

バルナック最終型 Leica ライカ IIIg です。

Ernst Leitz Wetzlar GMBH #861467で、

1957年製造のドイツ製です。

ライカ純正の革ケースが付属します。


ライカ IIIgはM3の発売から2年後の1956年に登場した

バルナックライカの最終形です。


世界中のライカファンからバルナック型へ寄せられた要望と

ライツ社の古いスタッフによる

バルナック型への支持により登場し、

M3の良さ、バルナック型の特徴両方を生かした作りになっています。


製造番号はNo.825001が第1号機で、

No.988350が最終機で1960年まで

製造されました。


今回出品のIIIgは製造番号 861467、1957年製造 後期型になります。


フィルム室の壁にも同番号が刻印されています。


シャッターダイヤルの指標は→、

シャッターダイヤル加工は梨地クローム、

巻き上げノブは根元が一段細くなり、

太い部分のみローレット加工されているタイプです。


お探しでした方は、ぜひこの機会にご入手下さい。


※写真のレンズは装着例です。本出品にレンズは含まれません。


常時防湿庫保管しています。


非常に大事にされていたらしく、

状態は非常に良好です。


写真でご覧のように外観良好です。


ビューファインダー(画角窓)もカビ・汚れなく、

気持ちよくクッキリ見えます。

レンジファインダー(距離窓)もカビなく、

クモリ少なくピント合わせに難はありません。


シャッタースピードも1秒まで目測で正確に刻みます。


巻き上げダイヤル部肩に一部アタリあり(最後の写真)。巻き上げ機能に問題はまったくありません。


他状態は以下↓

ガタ・ネジつぶれありません。

グッタペルカ、写真では完全ですが、レンズ装着部下に1箇所9mm幅の剥がれあります。

ファインダーバルサム浮きありません。

二重像縦ズレありません。

各操作部、ツマミ、ガタや狂いありません。

シャッタースピード安定して正確です。

シャッター幕に汚れ・破れありません。

内部にサビ・汚れ・カビ・カビ臭ありません。


おまけの革ケースは、レンズ部分が糸がほつれて取れてしまっています。あくまでおまけですので、ご了承下さい。


現商品の写真をできるだけ載せましたので

どうぞご覧くださいませ。


ご不明な点はお気軽にご質問ください。

カテゴリーから探す