一緒に購入されている商品


LEICA Leitz バルナック ライカ IIIg 3g 1957年(OH済)

861628

100,324円(税込)

憧れのバルナック最高峰モデル!

LEICA Leitz バルナック ライカ IIIg 3g 1957年(OH済)

極上OH済!修理票・Bキャップ付


ご覧いただきましてありがとうございます。


バルナック最終型 Leica ライカ IIIg です。

Ernst Leitz Wetzlar GMBH #861628で、

1957年製造のドイツ製です。


6月に熊本の中村光学様に依頼してOHから上がってきたばかりの個体です、
(シャッターユニット、巻き上げ巻き戻し機構分解清掃、修理調整、ファインダー分解清掃、調整、各部点検)
外観・機関・ファインダー状態は絶好調です。修理伝票を同封します。


ライカ IIIgはM3の発売から2年後の1956年に登場した

バルナックライカの最終形です。


世界中のライカファンからバルナック型へ寄せられた要望と

ライツ社の古いスタッフによる

バルナック型への支持により登場し、

M3の良さ、バルナック型の特徴両方を生かした作りになっています。


製造番号はNo.825001が第1号機で、

No.988350が最終機で1960年まで

製造されました。


今回出品のIIIgは製造番号 861628、1957年製造 後期型になります。


フィルム室の壁にも同番号が刻印されています。


シャッターダイヤルの指標は→、

シャッターダイヤル加工は梨地クローム、

巻き上げノブは根元が一段細くなり、

太い部分のみローレット加工されているタイプです。


お探しでした方は、ぜひこの機会にご入手下さい。


※写真のレンズは装着例です。本出品にレンズは含まれません。


常時防湿庫保管しています。


6月に熊本の中村光学様に依頼してOHから上がってきたばかりの個体です、
(シャッターユニット、巻き上げ巻き戻し機構分解清掃、修理調整、ファインダー分解清掃、調整、各部点検)
外観・機関・ファインダー状態は絶好調です。修理伝票を同封します。


外観・ファインダー・機関状態ともに非常に良好です。


写真でご覧のように外観は金属・革部分すべて良好です。


ビューファインダー(画角窓)もカビ・汚れなく、

気持ちよくクッキリ見えます。

レンジファインダー(距離窓)もカビなく、

クモリ少なくピント合わせに難はありません。


シャッタースピードも1秒まで正確に刻みます。


他状態は以下↓

ガタ・ネジつぶれありません。

革欠け・剥がれありません。

ファインダーバルサム浮きありません。

二重像コントラスト濃く、縦ズレ、無限遠ズレありません。

各操作部、ツマミ、ガタや狂いありません。

シャッタースピード安定して正確です。

シャッター幕に汚れ・破れありません。

内部にサビ・汚れ・カビ・カビ臭ありません。


フレーミング・ファインダー内にドーナツ状の何かが見えますが、覗くと見えなくなりますので、ファインダー視野に影響はありません。


現商品の写真をできるだけ載せましたので

どうぞご覧くださいませ。


ご不明な点はお気軽にご質問ください。



一緒に購入されている商品

カテゴリーから探す